ふるさと切手の起源と現在

現在発行されている切手の中でもファンに人気の高い「ふるさと切手」。今回はその起源と現在についてお伝えしていきたいと思います。

ふるさと切手とは?

 

furusatokittetoha

ふるさと切手とは「ふるさと」をテーマにして作られた切手のことを指します。

図案にはその土地特有のお祭りや食べ物、伝統文化に関するものが使われているのが特徴で、ひと目見ただけでどこの都道府県をテーマにしているかがわかるようになっています。

また、通常発行される切手とは違って図案のデザインもその土地にいる人やゆかりのある人物が担当するケースが見られます。現地の学校に勤める先生が図案を描いたこともあります。

ふるさと切手の起源

 

kigen

ふるさと切手は1989年に初めて発売されました。この時に発売されたのは

  • ・山形県の「サクランボ」
  • ・長野県の「お猿の温泉」

の2種類です。これをきっかけに、毎年のようにどこかの都道府県でふるさと切手が発売されるようになりました。

当時のふるさと切手は「どこの郵政局から発行されているか」によって販売地域が異なりました。例えば埼玉県をテーマにしたふるさと切手ならば関東郵政局からの発行となり、埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・神奈川県・山梨県の7県でのみ販売となりました。

ただし全国にある中央郵便局では全国すべてのふるさと切手を揃えるなど、実質的には全国的に発売されていたというのが実情です。

当初は「ふるさと切手」と呼ばれていなかった!?

yobikata

 

いまでこそファンの間ではおなじみとなった「ふるさと切手」ですが、当初はこの名前では呼ばれていませんでした。当時郵便局を管轄していた郵政省は1989年から発売された切手を「地方切手」と名付けていました。

しかし地方切手の世界的な定義は

  • 1.ある特定の地域のみで販売されていること
  • 2.ある特定の地域(販売された地域)のみで使用できること

であり、現在のふるさと切手は最初から日本全国で使用できたことから②の条件を満たしておらず、地方切手と呼ぶにはふさわしくないということになりました。

1990年、切手コレクターの団体である日本郵趣協会は「地方切手」という名称ではなく「ふるさと切手」にしてみてはどうかという提案を出します。郵政省はそれを受け入れ、現在の「ふるさと切手」という名称になりました。

つまり、ふるさと切手とは、ファンが命名した切手といっても過言ではないのです。

ふるさとのコラボ!?現在のふるさと切手

kittekorabo

 

現在郵政民営化が行われ、2008年以降は都道府県ごとにテーマを絞ったふるさと切手が発行されることはなくなりました。それに代わって登場したのが、「特定のテーマを設定し、それに沿ったものを集めたふるさと切手」です。

 

例えば2008年に発行された「ふるさとの祭 第1集」では

  • ・仙台七夕まつり(宮城県)
  • ・神田祭(東京都)
  • ・阿波おどり(徳島県)
  • ・博多祇園山笠(福岡県)
  • ・エイサー(沖縄県)

というように5つの都道府県のふるさとにちなんだ祭りが描かれています。特定の都道府県にこだわることなく、さまざまな地域のものを見られるのが現在のふるさと切手の魅力ですね。

今回はふるさと切手の起源と現在について解説していきました。

ふるさと切手は特にその地域にお住いの皆さんにとっては身近な題材で親しみ深い切手です。これからも私たちの故郷を思い出させてくれる貴重な切手として、人気の切手であり続けるでしょう。

ときには自分の生まれ故郷の切手を眺めて、故郷に思いをはせてみるのもいいかもしれません。

シール切手についての考察日記~私の感想をのべる~

 

皆さんが通常「切手」と聞いてイメージするのは、周りがギザギザしている部分(目うち)があり、さらに貼り付けるために水が必要なものだと思います。

 

しかし最近では通常の切手とは異なる「シール切手」という特別な切手が発行されています。

 

今回はそんな「シール切手」を紹介していきたいと思います。

 

【シール切手の長所と短所】

medekitte

(シール切手とは?)

 

シール切手とは、裏面がシール状になっている切手のことです。形が長方形ではなく円形のものなどさまざまな種類があるのが特徴です。

 

また、通常の切手に見られる目うちはありません。

 

(長所は?)

 

シール切手の長所はなんといっても「貼るために水を使わなくてもよい」ことでしょう。

中には切手を舐めて貼り付けるという方もいるかと思いますが、あまり衛生的ではありません。

 

そして目うちがないことにより、はがしやすいのも長所といえます。目うち通りに切れなくて切手を無駄にしてしまうということはありません。

 

シール切手は衛生的にも、切り離しや貼り付けるのも楽なのが魅力です。

 

もう一点、シール切手の図案は親しみやすいものが多いのが特徴です。

 

 

例えば、これまでに発行されたシール切手の中には

 

  • スウィーツ(どら焼きやカップケーキを図案として採用)
  • ファッション
  • 季節ごとのグリーティング切手
  • ドラえもん

 

などがあります。いずれも身近なものを題材にしており、大人から子供まで楽しめる切手になっています。

 

仲の良い人や家族に向けた手紙に使う切手としては最適ですね。

 

(短所は?)

 

 

シール切手の短所は「かしこまった場や就活などの場面においては適切ではない」という点です。

 

 

シール切手は比較的キャラクターものや親しみやすい図案のものが多いため、ビジネスの場でも敬遠される傾向にあります。

 

 

もう一点、シール部分の経年劣化がある点が挙げられます。

 

 

通常の切手と違い、シール部分の粘着力は年数がたつごとにだんだん落ちていきます。長期間にわたって保存することを考えるなら通常の切手のほうが良いでしょう。

 

 

【切手シールはいつごろから発行されている?】

hakkou

 

日本における切手シールの歴史はまだ浅いです。実は平成に入ってから発行されるようになったのです。

 

シール式切手が発行されるようになったのは1995年(平成7年)にグリーティング切手が発行されるようになったのが最初です。これ以降、季節ごとに発行されるグリーティング切手はシール切手の形式を採用しています。

 

 

【便利なのにあまり発売されないのはなぜ?】

hannbai

 

前の項でも述べたようにシール式切手は貼り付けるのに非常に便利です。それにもかかわらずあまり発売されていないのはなぜでしょうか?

 

 

理由①:一般的にあまり知られていないため

 

やはり切手というと普通切手のイメージを持つ方が多く、シール式の切手があることを知らない方もいます。

 

シール式の切手を指定して買うという場面も現状あまり見られません。

 

理由②:生産する際の問題

 

 

シール切手は生産する際に通常の切手よりもコストがかかります。それを額面通りの金額で売ってしまった場合には利益も少なくなってしまうため、あまり発売される機会もないのです。

 

 

まとめ

tanoshimu

今回はシール切手についてご紹介していきました。

手軽に貼れることに加えて、封筒に貼ってあると思わずほっこりするかわいらしい切手もありますので、ぜひお友達や家族に手紙を送る際に使ってみてくださいね。