ふるさと切手の起源と現在

現在発行されている切手の中でもファンに人気の高い「ふるさと切手」。今回はその起源と現在についてお伝えしていきたいと思います。

ふるさと切手とは?

 

furusatokittetoha

ふるさと切手とは「ふるさと」をテーマにして作られた切手のことを指します。

図案にはその土地特有のお祭りや食べ物、伝統文化に関するものが使われているのが特徴で、ひと目見ただけでどこの都道府県をテーマにしているかがわかるようになっています。

また、通常発行される切手とは違って図案のデザインもその土地にいる人やゆかりのある人物が担当するケースが見られます。現地の学校に勤める先生が図案を描いたこともあります。

ふるさと切手の起源

 

kigen

ふるさと切手は1989年に初めて発売されました。この時に発売されたのは

  • ・山形県の「サクランボ」
  • ・長野県の「お猿の温泉」

の2種類です。これをきっかけに、毎年のようにどこかの都道府県でふるさと切手が発売されるようになりました。

当時のふるさと切手は「どこの郵政局から発行されているか」によって販売地域が異なりました。例えば埼玉県をテーマにしたふるさと切手ならば関東郵政局からの発行となり、埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・神奈川県・山梨県の7県でのみ販売となりました。

ただし全国にある中央郵便局では全国すべてのふるさと切手を揃えるなど、実質的には全国的に発売されていたというのが実情です。

当初は「ふるさと切手」と呼ばれていなかった!?

yobikata

 

いまでこそファンの間ではおなじみとなった「ふるさと切手」ですが、当初はこの名前では呼ばれていませんでした。当時郵便局を管轄していた郵政省は1989年から発売された切手を「地方切手」と名付けていました。

しかし地方切手の世界的な定義は

  • 1.ある特定の地域のみで販売されていること
  • 2.ある特定の地域(販売された地域)のみで使用できること

であり、現在のふるさと切手は最初から日本全国で使用できたことから②の条件を満たしておらず、地方切手と呼ぶにはふさわしくないということになりました。

1990年、切手コレクターの団体である日本郵趣協会は「地方切手」という名称ではなく「ふるさと切手」にしてみてはどうかという提案を出します。郵政省はそれを受け入れ、現在の「ふるさと切手」という名称になりました。

つまり、ふるさと切手とは、ファンが命名した切手といっても過言ではないのです。

ふるさとのコラボ!?現在のふるさと切手

kittekorabo

 

現在郵政民営化が行われ、2008年以降は都道府県ごとにテーマを絞ったふるさと切手が発行されることはなくなりました。それに代わって登場したのが、「特定のテーマを設定し、それに沿ったものを集めたふるさと切手」です。

 

例えば2008年に発行された「ふるさとの祭 第1集」では

  • ・仙台七夕まつり(宮城県)
  • ・神田祭(東京都)
  • ・阿波おどり(徳島県)
  • ・博多祇園山笠(福岡県)
  • ・エイサー(沖縄県)

というように5つの都道府県のふるさとにちなんだ祭りが描かれています。特定の都道府県にこだわることなく、さまざまな地域のものを見られるのが現在のふるさと切手の魅力ですね。

今回はふるさと切手の起源と現在について解説していきました。

ふるさと切手は特にその地域にお住いの皆さんにとっては身近な題材で親しみ深い切手です。これからも私たちの故郷を思い出させてくれる貴重な切手として、人気の切手であり続けるでしょう。

ときには自分の生まれ故郷の切手を眺めて、故郷に思いをはせてみるのもいいかもしれません。